消費税

消費税 節税・税金

2020/8/5

前々年売上1000万以下だけじゃない|特定期間の消費税課税事業者の判定方法

事業者は消費税を納めなくてはならない「課税事業者」と消費税の納税を免除されている「免税事業者」が存在しています。 その2つの事業者は主に売上の金額によって判定を行うのですが、その判定方法をしっかり知っていないと本来消費税を納めなくてはならないはずだったのに免税事業者だと勘違いして納めておらず後々追徴課税といったようなことにも繋がりかねません。 今回は、そんな消費税の課税事業者の判定を詳しくわかりやすく解説していきます。 この記事の目次 課税事業者と免税事業者の判定方法基本的な判定方法「基準期間」忘れちゃい ...

事務/手続き 所得税 消費税 申請・手続き

2020/4/5

引っ越しをしたら提出「所得税・消費税の納税地の異動届」記載例と記入のポイント

この記事の目次 所得税・消費税の納税地の異動届手続対象者提出期間提出先届出の入手方法移動届出書の記載例と記入ポイント​記入のポイント届出を提出する前の注意点所得税・消費税の納税地の異動届 個人事業主やフリーランスをしている方で引っ越しを行い既に税務署に提出してある納税地が変更になった場合等に提出が必要な書類です。 実際の記載例と記入のポイントを確認していきましょう。 この届出には注意点があります。 ページ下部に記載してありますので記入する前に確認してください。 注意点をチェックする 手続対象者 転居等で納 ...

消費税 節税・税金

2020/4/5

何が変わる?改正消費税のポイントと実務対応!

この記事の目次 改正消費税の概要改正消費税の税率改正消費税のスケジュール軽減税率と経過措置を知る軽減税率制度とは… 経過措置とは…?改正消費税の概要 2019年10月1日より消費税が改正されます。 改正消費税で押さえておきたいポイントは以下の4つです。 消費税が8%から10%に引き上げられます。 軽減税率制度、経過措置が導入されます。 10%と8%(軽減税率、経過措置)の複数税率を区分して経理処理をすることが必要となります。 税率ごとに区分して帳簿や請求書に記載する必要があります -当初4年間「区分記載請 ...

消費税 節税・税金

2020/4/5

知らないと損をする!軽減税率対策の補助金を解説

2019年10月に消費税率が10%に引き上げられる事に伴って商品によって税率の変わる「軽減税率制度」が実施されることとなりました。 この軽減税率制度への対応が必要になる中小企業や小規模事業者は新しいレジの導入やシステムの改修の一部を補助する「軽減税率対策補助金」の制度を受けることが出来るのはご存知でしょうか? どんな補助金なのか、どんな事業者が受けることが出来るのか確認してみましょう。 この記事の目次 軽減税率対象補助金って何?補助金制度には2つの申請類型があるA型複数税率対応レジの導入等支援A型申請の4 ...

消費税 節税・税金

2020/4/5

軽減税率とは?消費税10%に増税される前に知っておくべき事

消費税が8%から10%に上がることが決まると同時に一部のモノは消費税を8%のままに据え置きにするという「軽減税率制度」が実施されることも決まりました。 商品やサービスの形態によって消費税率が変わる今回の法改正のポイントをわかりやすく解説します。 この記事の目次 消費税引き上げと軽減税率の知っておきたいポイント消費税10%と軽減税率はいつから実施される?消費税率はどう変わる?どの商品が軽減税率の対象になるの?軽減税率の対象品目のポイント外食は対象外だがテイクアウトは対象になるケータリングは対象外だが出前は対 ...

事務/手続き 消費税 節税・税金

2020/4/5

売上1,000万円超えたら提出「消費税課税事業者届出書」記載例と記入の仕方

この記事の目次 課税事業者届出書とは提出時期届出の入手方法課税事業者届出書の記載例課税事業者届出書の記入ポイント消費税の課税事業者の届出を作成するなら課税事業者届出書とは 基準期間の売上高が1,000万円を超え消費税を納める必要のある「課税事業」になった場合に提出する届出の事です。 基準期間とは 基本的に前々年度の売上高の事を言います。 例えば29年度の申告で売上1,000万円を超えた場合は、31年度の申告から「課税事業者」になります。 提出時期 その年の売上が1,000万円を超えた段階、超えることが分か ...

事務/手続き 消費税 申請・手続き 節税・税金

2020/4/5

「簡易課税制度選択届出書」記載例と記入のポイントを解説

この記事の目次 簡易課税制度選択届出書とは手続対象者提出期間届出の入手方法簡易課税制度選択届出書の記載例届出書の記入ポイント簡易課税制度選択届出書を作成するなら簡易課税制度選択届出書とは 消費税の計算を簡便な方法で行う「簡易課税制度」を選択する場合に提出する届出書になります。 手続対象者 簡易課税を選択するには、基準期間の課税売上高が5,000万円以下という要件があります。 この要件を満たさない事業者が簡易課税制度選択届出を提出しても簡易課税は適用されませんので注意してください。 提出期間 この適用を受け ...

消費税 節税・税金

2020/4/5

【簡単】消費税の簡易課税制度とは?シミュレーションを交えて計算方法を解説!

消費税の計算方法には、原則的な方法と簡便的な方法の2種類の方法があるのをご存知でしょうか? 今回は、その簡便な消費税な計算商法である「簡易課税」の概要と計算方法を分かりやすくご紹介します。 この記事の目次 簡易課税制度とは簡易課税制度を受ける条件簡易課税の計算方法複数の事業を行っている場合簡易課税の税額計算シミュレーション簡易課税で消費税申告書の作成をするなら簡易課税制度とは 通常消費税の税額は、課税売上等に係る消費税額-課税仕入れ等に係る消費税額=納付税額 といったように計算します。 簡単にいうと 預か ...

消費税 節税・税金

2018/9/20

事業主の為の消費税の基礎知識、計算方法に納付時期は?

サービスや物を買うにも売るにも必ず付いて回る消費税 事業を始める人には必ず知っていてほしい消費税の基礎知識と重要なポイントをまとめました。 この記事の目次 個人事業主の消費税消費税を納める人と納めなくていい人消費税を納めない免税事業者とは消費税を納める「課税事業者」とは消費税の計算方法消費税の計算方法には本則課税による消費税の計算方法簡易課税による消費税の計算方法消費税の申告書の作成をするなら個人事業主の消費税 消費税とはサービスや商品を提供した時に「貰う消費税」と商品やサービスを受けた時に「渡す消費税」 ...

事務/手続き 消費税 申請・手続き 節税・税金

2018/10/3

「任意の中間申告書を提出する旨の届出」記載例と書き方解説

消費税の中間申告は基本的に前年の確定消費税が48万円を超えた場合に中間申告をしなくてはいけない制度ですが 前年48万円を超えていなくても自主的に中間申告を行うことが出来ます。 その手続きに必要な書類の概要と記載例から書き方まで解説します。 この記事の目次 任意の中間申告書を提出する旨の届出とは任意で消費税の中間申告をした方が良い人任意の消費税の中間申告の届出の記載例と書き方届出の記載例届出の記入の仕方とポイント任意の中間申告書を提出する旨の届出とは 消費税の中間申告書は前年の確定消費税が48万円を超える事 ...

消費税 確定申告 節税・税金

2018/10/3

個人事業主の消費税の中間・予定納付って?仕組みと内容を解説!

多くの事業者にとって切っても切り離せない消費税ですが、税金を前払いしなければいけない予定納税という制度があるのはご存知でしょうか。 負担が大きくなりやすい消費税ですのでその内容をしっかり確認しておきましょう。 この記事の目次 消費税の中間申告とは前年実績による中間申告仮決算に基づく中間申告金額によって中間申告期限・納付の回数が異なる任意で中間申告することも出来る消費税の申告をするならクラウド会計ソフトで消費税の中間申告とは 前年度の確定消費税額(地方消費税額は含まない)が48万円を超える事業者は、消費税の ...

© 2020 開業オンライン