確定申告

給与所得控除とは?計算方法を解説

開業オンライン

開業オンライン

中小企業の経理担当者や個人事業主のお役立ち情報を掲載中です。 会計・税金・確定申告までわかりやすい情報をお届けします。

スポンサーリンク

所得控除ってなに

所得税の計算をするときに納税者の個々の事情を加味するための仕組みのことで14種類の所得控除が設けられています。(2019年11月調べ)

その他の所得控除について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

給与所得控除とは

サラリーマンやパートなど給与を得ている人の給与収入から控除する仕組みのことを「給与所得控除」と言います。

給与収入からこの給与所得控除を差し引いたものを「給与所得」と言い、税金が課せられるのは差し引かれた後の給与所得となります。

給与収入−給与所得控除=給与所得

給与所得控除は、基本的に確定申告で経費の申告をしないサラリーマン等のみなし経費のようなものです。

給与所得控除の計算方法

給与所得控除は、給与収入の金額に応じて以下の表に当てはめて計算します。

平成29年分から令和元年分

令和2年以降

給与所得控除には下限と上限が決まられており、下はどんなに低くても65万円(55万円)の控除が受けられて上はどんなに高くても220万円(195万円)の控除しか受けることはできません。(カッコ内は令和2年以降分)

いわゆる103万円の壁

給与103万円−所得控除65万円−基礎控除38万円で所得が0円になるため扶養となる仕組みになっている為この所得控除が変われば103万円の壁も変わっていきます。

実際に計算をしてみる

それではじっさいに給与所得控除を算出してみましょう。

給与収入450万円の場合…

4,500,000×20%+440,000=1,340,000

収入4,500,000−控除1,340,000=所得3,160,000円

給与収入1,200万円の場合…

1,000万円を超えているので上限の2,200,000円

収入12,000,000−控除2,200,000=所得9,800,000円

難しい計算は必要ありません。
会社から支給されている給料の金額を表に当てはめれば給与所得控除は簡単に算出することができます。

もう悩まない!確定申告を作成するなら

確定申告は何かと難しいし間違えないか心配… そんな方はクラウド会計ソフトの利用が圧倒的におすすめです。

ご紹介するクラウド会計サービスの「MFクラウド会計」は、経理初心者の方も安心・簡単に使える会計ソフトを目指して開発がされた難しい専門知識が無くても簡単!直感!で確定申告書や税務署への申請書など作成できてしまうおすすめのソフトとなっています。

MFクラウド会計を使うと…

 クラウドだからいつでもどこでも利用できる
 銀行口座やクレジットカードの明細を読み込んで自動で帳簿付け
 レシートをスマホでとるだけで自動で経費入力される機能
 そんな様々な機能をカバーする充実のサポートなどなど

今なら30日間無料で確定申告書の作成ができる無料お試し登録可能!
まず自分で触って使ってその便利な機能を実感してみてください。

無料で1カ月お試し

今すぐ申し込む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-確定申告
-,

© 2020 開業オンライン