所得税 節税・税金

最大収入の半分税金はホント⁉個人事業主の所得税の概要を簡単に解説

開業オンライン

中小企業の経理担当者や個人事業主のお役立ち情報を掲載中です。 会計・税金・確定申告までわかりやすい情報をお届けします。

労働の対価に対して徴収される「所得税」
サラリーマンから企業経営者、個人事業主からフリーランスまですべての働く人に課せられるため多くの人にとって身近な税金の一つです。

税金が高い…働けば働くほど高くなる…そんな不満を持っている人は多いと思いますが、所得税は一体収入の何パーセントが課せられているのでしょうか?

所得税の基本的な内容とともに解説していきます。

所得税とは?

収入から各種経費を引いた残りの事を「所得」と言いその所得に課せられる税金のことを「所得税」と言います。

所得税は累進課税と言って所得が増えれば増えるほど税率が高くなる方法を取っており
所得の多い人は45%の所得税率になります。

所得税の税率と計算方法

所得税は、収入から各経費と所得控除を引いた後の「課税される所得金額」に対応する税率を乗じて課税控除額を引いて求めます。

所得税率と課税控除の金額は下の表を参考にしてください。

収入-各種経費-所得控除=課税所得
課税所得×所得税率-課税控除額=所得税

所得税の計算例

年間の収入900万円 仕入や経費など400万円
基礎控除38万円 青色申告特別控除65万円の場合

900万円-400万円=500万円

500万円-38万円-65万円=397万円(課税される所得金額)
3,970,000円×20%-427,500=366,500円(所得税)所得税金額ごとの所得税率は下の表を参考にしてください。

所得税の速算表

課税される所得金額税率課税控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

所得税は累進課税になっているので所得が増えれば増えるほど税率が高くなっていきます。

所得900万円と所得901万円だと
税率だけで言えば23%から33%になり10%上昇しますが税金はどの程度変わってくるのでしょうか計算してみます。

900万円×23%-636,000円=1,434,000円
901万円×33%-1,536,000円=1,437,300円

結果は3,300円税金が増えるに留まりました。

税率は大きく上昇しますが課税控除額も増加するので税率が上がる境界線を超えると急に負担が増えるという心配はありません。

平成49年までは復興特別所得税が加算されます

東日本大震災の復興のための施策の財源確保のための臨時的な所得税です。

期限は平成25年から平成49年までの事業年度の所得税が対象となっており、サラリーマンなどの給与所得者も毎月の源泉所得税から復興特別所得税が引かれています。

税率は2.1%となっており
所得税額にこの復興特別所得税率を乗ずることで計算します。

所得税×2.1%=復興特別所得税

所得税の納付期限と方法

所得税の納付期限

もちろん所得税にも納付する期限が設けられており

毎年3月15日までに納付しなければならないとされています。
(厳密には15日が土日などにあたると翌週月曜日までとなるため数日前後する場合があります)

確定申告の申告期間が2月16日から3月15日となっているので基本的に確定申告をして税金を決定したらすぐ納付をするといった流れになります。

所得税の納付方法

所得税を納付する方法は主に以下の方法があります。

所得税の納付方法

  1. 納付書を使って現金納付
  2. 指定した口座から振替納税
  3. ネットバンキングを利用した電子納税
  4. クレジットカードを利用した納税

振替納税を選択した場合、振替日が4月20日頃(年によって変わりますが大体4月中旬ごろ)になりますので現金等の納付よりも1か月ほど納税に猶予が生まれます。

少しでも納税に猶予がほしいという方は振替納税の利用をお勧めします。

振替納税に使える便利なネットバンク!詳細は↓

口座振替で自動納税|ネット銀行で使える所と使えない所はどこ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-所得税, 節税・税金
-

© 2021 開業オンライン