白色申告 青色・白色申告

白色申告のメリット・デメリットを解説

開業オンライン

開業オンライン

中小企業の経理担当者や個人事業主のお役立ち情報を掲載中です。 会計・税金・確定申告までわかりやすい情報をお届けします。

確定申告には「青色申告」と「白色申告」という2種類の方法があります。

青色申告は、帳簿付けが難しくなる代わりに様々な特典を受けることが出来る方法で、反対に白色申告は帳簿付けが簡単な代わりに特典を受けることは出来ません。

今回はこの「白色申告」でする場合のメリットとどういった人が白色申告をするべきなのか解説していきます。

スポンサーリンク

白色申告とは?

個人事業主が確定申告をする際には「白色申告」と「青色申告」のどちらかの方法で行うこととなります。

2つの中でも白色申告は青色申告をするよりも帳簿付けが複雑ではない代わりに青色申告で受けられる各種の有利な特典を受けることが出来ないという比較的簡便な確定申告の方法です。

白色申告で申告した場合にはどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。

スポンサーリンク

白色申告にはこんなメリット・デメリットがある

白色申告のメリット

  • 税務署へ事前に申請をする必要が無い
  • 複式簿記を使わない簡単な帳簿付けで良い

事前の申請が必要ない

青色申告を受けようとする場合、決められた期間内に「所得税の青色申告承認申請書」という届出を記入して税務署へ届け出を行わなければいけませんが(詳細はコチラから確認)

白色申告で申告する場合、こういった申請書の提出は必要は無く何も提出しないと自動的に白色申告者の扱いになります。

そういった煩わしい手続きが必要ないのは白色申告のメリットといえるでしょう。

簡単な帳簿付けで良い

白色申告は、簡便な方法(単式簿記)で帳簿付けをすることが認められており、青色申告のように複式簿記を使った少し複雑な帳簿付けをする必要はありません。

単式簿記と複式簿記について詳しく知りたい方はコチラ☞

白色申告のデメリット

  • 青色申告にある特典を受けることが出来ない
  • 青色申告者より税金が高くなることがほとんど

特典を受けることが出来ない

青色申告者には、65万円の所得控除や3年間の繰越欠損など納税者に有利となる特典がありますが、白色申告者はこう言った特典が一切ありません。

青色申告の特典を知りたい方はコチラ☞

青色申告者より税金が高くなる

青色申告の特典を受けることが出来ないので必然的に同じ所得の青色申告者と白色申告者では青色申告者の方が税金が安く済みます。

青色申告と白色申告の税額の違いを下記の記事でシミュレーションしているので是非ご覧になってください。

白色申告を選んだ際の一番大きなメリットは「複式簿記による帳簿が必要ない」という事かと思います。

ですが、最近の会計ソフトの進化で「複式簿記による記帳」と「単式簿記による記帳」の難易度の差は大きく縮まってきています。

単式簿記のような入力をしながらも複式簿記による記帳に変換されるなど、簿記初心者の方でも青色申告が出来るような仕組みが出来ていますので当サイトでは、圧倒的に青色申告による申告をお勧めしています。

会計ソフトで青色申告をする

白色申告でも記帳が義務化されました

いままでは事業所得300万円以下の白色申告者は記帳義務がありませんでしたが

平成26年1月から記帳・帳簿書類の保存制度の対象者が拡大され、個人事業を行っている方は全員、記帳と帳簿書類の保存が必要となりました。

この改正によってますます白色申告で申告をするメリットが無くなったと言えます。

白色申告で申告する人はどんな人?

白色申告のメリットは少なく、青色申告をお勧めしてきましたが
どのような人が白色申告を選択するのでしょうか。

白色申告をする人の特徴

  • 所得がそれほど多くなく、青色申告の恩恵があまり受けられない
  • 厳密な帳簿付けがめんどくさくて仕方がない
  • 確定申告の提出期限にいつも間に合わない

所得が少なく青色申告の恩恵をあまり受けられない

事業をしているが対して所得が対して出ていない場合、青色申告の特典を十分な効果が期待できないため白色申告で申告をする場合があります。

所得が低くても青色申告の特典を有効的に使うことで税金を2、3万円は簡単に節税をすることが出来るので
青色申告をした場合の節税効果と自分の手間とを比べてやはり白色申告の方が良いような場合は白色申告で申告をすると良いのではないでしょうか

青色申告に必要な帳簿付けがめんどくさい

最近では、会計ソフトの進化もあって青色申告での帳簿付けと白色申告の帳簿付けの難易度の差は大きく縮まっています。

一度、青色申告専用の会計ソフトを触ってみてやっぱり少しでも簡便な方法で帳簿付けしたい場合は白色申告による申告をすると良いでしょう。

確定申告の提出期限に間に合わない

青色申告は確定申告の提出期限内に申告を行わなければ受けることが出来ません。

青色申告を受けたいけど仕事が忙しくていつも期限後申告になってしまうため白色申告をしているという方は、税理士等の専門家へ帳簿付けから申告まで丸投げしてしまうのも一つの手かと思います。

青色申告の特典を十分に生かすことが出来れば、確定申告の手数料よりも節税金額の方が大きくなる可能性もあります。

青色申告でも白色申告でも帳簿付けは会計ソフトで

確定申告は何かと難しいし間違えないか心配… そんな方はクラウド会計ソフトの利用が圧倒的におすすめです。

ご紹介するクラウド会計サービスの「MFクラウド会計」は、経理初心者の方も安心・簡単に使える会計ソフトを目指して開発がされた難しい専門知識が無くても簡単!直感!で確定申告書や税務署への申請書など作成できてしまうおすすめのソフトとなっています。

MFクラウド会計を使うと…

 クラウドだからいつでもどこでも利用できる
 銀行口座やクレジットカードの明細を読み込んで自動で帳簿付け
 レシートをスマホでとるだけで自動で経費入力される機能
 そんな様々な機能をカバーする充実のサポートなどなど

今なら30日間無料で確定申告書の作成ができる無料お試し登録可能!
まず自分で触って使ってその便利な機能を実感してみてください。

無料で1カ月お試し

今すぐ申し込む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-白色申告, 青色・白色申告
-

© 2020 開業オンライン